アーカイブ

最近のコメント

メイン

衣食住 アーカイブ

2018年02月20日

最近の古河

クスリのアオキ 下山町店が近日オープンしそうです。

またドラッグストアかよぉ…。orz
古河のドラッグストアとコンビニとラーメン屋の数は絶対おかしい!
他の町もこんな多いの?
とはいえクスリのアオキはうどんやそばが一食9円で売ってたりするので、まあ良いかな。うーん。


ベイシア古河総和店内に100円ショップセリアが近日オープン。
ヒャッホオオオオウ!
これは嬉しい。あの辺に100円ショップが
あったらなーとは常々思ってたので。
まあ駅方面に行けばダイソーだのミーツだのはあるのですが。

売り場面積的に品揃えは大した事無さそうなのがちょっと残念。

 

2018年02月07日

フードシールド JP290レビュー

先日購入した↓を使用した感想です。
シンプルなデザインで、ボタンは日本語で大きく書かれてるので非常に分かりやすいです。
両脇の解除ロックを押して蓋を開け、ノズルを出し、袋をセットし、蓋を締め、吸気、ノズルを引っ込める
と同時に圧着。
音が鳴ったら両脇の解除ロックを押して蓋を開けて終わり。簡単!

この辺は販売元のオゾンテクノロジーさんが動画を複数上げてるので見ておいた方が分かると思います。

吸引力は中々。空気が残る場合は、袋を持ち上げたりノズル手前を指で押し広げて
空気の通り道を作ってやると吉。
これも動画を参考にして下さい。
圧着もしっかりできてます。(一応圧着時間を初期値より1つ増やしてます)
シール幅が5mmなので、剥がれ・空気漏れの心配なし。見た目も綺麗。

使用後はノズルの口に溜まった付着物を清掃具で掻き出し、
ぬるま湯を吸わせて集水容器を外して清掃。
ここまではまあ楽なのですが、
本体をひっくり返し、底の蓋を開ける。この蓋が非常に固くて指や爪では外せませんでした。
ハサミの先端を差し込むと楽。
んでフィルターの蓋を外し、目の粗いスポンジみたいなのを取り出し清掃。
この辺がめんどくさいですね。まあどの真空パック機も同じようなもんなのでしょうけど。


袋はナイロンポリKタイプの大きめのをオススメします。
酸素バリア&湿度にも強い。1枚10円ちょいで経済的。
小さいと食品が入り切らないしそもそも入れるのも大変なので140mm以上の幅は欲しいです。
最小の120mm幅を買うなら一緒に160mmくらいの大きいサイズも買っておくと
使い分けられて良いんじゃないかな。(私はそうしました)
ひき肉100~150gくらいなら入ります。口が狭いので入れにくいですが。

こま切れ肉200gくらいは十分入ります。もう少し入るけどあまりパンパンに入れると脱気が難しくなります。

 

2018年02月06日

はじめての湯豆腐

先日、お昼に湯豆腐を作って食べました。
湯豆腐

タレはポン酢しょうゆ。薬味はプランターで育てている万能ネギ。
湯豆腐
実は湯豆腐を食べたのは人生初です。
ウチの両親がこういう素朴で上品な料理を好かんのですよ。
おかずになんねえとかなんとか。(その意見は分かるけどさぁ…)
という訳で一人鍋ですわ。

めっちゃウマかったです。
安い豆腐に安い昆布に安いPBポン酢、あとはほぼ無料の水と万能ネギだというのに。
これが滋味(じみ)ってやつか。
ちなみに思ったよりご飯が進みました。私には十分おかずになります。


2018年02月03日

ハイパワー堆肥

去年使ったプランターの土を再生しようとホームセンターで色々検討した結果、
ハイパワー堆肥とやらを購入しました。
腐植酸が普通の堆肥の10倍だから使用量は10分の1で良いとか何とか。ホンマか?
ならコスパ抜群じゃーん!(純真)
ペレット状で臭いもあまりなく使いやすいです。
非常によく似た形状の完熟鶏糞がウチにあるのですが、アイツは本当に臭い。

元肥用にマイガーデン植物全般用も購入。
割高なのでこれは少量使って、後は普通の化成肥料を使おうっと。
あと割安な単肥として去年買った尿素とようりんと硫酸カリが大量にあるので
これも上手に使っていきたい所。
2018年02月01日

真空パック

よく余った食材などをジップロックのフリーザーバッグに入れて冷凍保存してるのですが、
空気を抜いた筈なのにいつの間にか空気でパンパンになってたり、
冷凍焼けや霜が付いてパサパサになってたり冷凍臭くなってたりとイマイチ納得いってませんでした。
という訳で真空パック機を買う事にしました。
(よく真空パック器と書かれているけど機の方が意味的にあってるんじゃないですかね)


条件としてはいくつかありまして

●本体価格が安い事。
さすがに5万10万は無理。2万でも無理やなー。できれば1万円以下が良い。
まず真空パック機には大きく分けて2種類あって、

【ノズル式】
家庭用のは全てこれ。
ノズルを袋の口から差し込み空気を吸い出す方式。真空率は70%程度だそう。
真空率ってのが良く分からんのですが、要するにどうしても空気はそれなりに残ると。

【チャンバー式】
業務用でよく使われてる。
庫内を真空にしてどうたらこうたらする大掛かりな仕組みなので大型で高価。(ウン十万)
真空率は脅威の99.9%。

真空率で考えたらそりゃあチャンバー式でしょうけど、工場に置くような代物なので、
一般家庭なウチは当然ノズル式以外の選択肢はありません。
こちらの値段は結構ピンキリで数千円から数万円。
当然できるだけ安い方が良いのですが、安いやつは下記の条件をクリアしてない物が多いという問題が。

●水気のある物でも使用できる事。
スープ状の物をパックする予定はないものの、
多少の煮汁すらもNGとなると面倒くさい。
集水溝や集水タンクなどがある物が望ましい。

●ランニングコストが安い事。
家庭用機種だと大抵が凹凸のエンボス加工された専用袋を使うのですが、
これが結構足元見やがって割高で、1回あたりのコストが馬鹿になりません。
ご飯を1回パックするのに何十円もかかるとか、だったら捨てて新しく炊くわ!もしくはレトルトごはん買うわ!
まあそういう機種でも裏技によって凹凸無しのナイロンポリが使用できますが…。

<<余談:専用袋が必要な機種で専用袋を使わない裏技>>
凹凸の無いナイロンポリ袋に食品を入れ、
三角コーナーの水切りネットを切ったやつを食材に届くように差し込み、後は普通に真空パック。
詳しいやり方は検索して下さい。
こういう、割高商品を庶民の知恵と工夫で乗り越えるの好き。
ボッタクリ睡眠導入剤の代わりに安価なレスタミンコーワ糖衣錠を使うとかね。

しかし、この裏技にもちょっと問題があるので、できれば専用袋でない袋を使いたいのです。


と、上記のすべての条件をクリアする機種を探し、比較検討した結果、これ↓に決めました。

15000円。ギリギリ許容範囲な価格帯。
ツルツルのナイロンポリ袋を使用。(エンボス加工された専用袋やロールは使用不可)
集水容器付き。オプションで大型集水タンクも販売されるそう。(今はまだ売ってない?)
ボタンが日本語で見やすい。シンプルで使いやすそう。

↑よりもっと安い↓
と悩んだのですが、やはり決め手は凹凸付き専用袋が必要か否かですね。
上記の裏技で確かに安く済ませられるのですが、
やっぱ頻繁に使う事を考えるといちいちネットを切って差し込むのちょっと面倒くさいし、
見た目が最悪なので人にもあげられないし。
フードシールドJP290なら透明のナイロンポリに何の一手間も加えずに使用可能。

これを使えば1枚10円以下。安ゥイ!こちらも2つ(200袋)買いました。
…ですが、届いたのを見ると思ってたよりずっと小さくて、ひき肉100g入れるのも四苦八苦。
もっと大きいサイズじゃないと駄目ですね。
安物買いの銭失い。大は小を兼ねる。昔の人はよく言ったものです。

あと、袋の材質。↑は通常のナイロンポリで、短期間の冷蔵保存・冷凍保存ならこれで十分ですが、
より長い保存をするのであれば、「バリア」「脱酸素剤対応」と書かれたやつを使うべき。
それでも湿度には弱いみたいですが…。
乾物などを真空パックし常温で長期保存したい場合はバリアに加え更に耐湿もあるこの辺↓
もしくはアルミパウチみたいなのになっちゃうのかな。
「真空パック可能」で「高温(100℃~)」「高圧」「冷凍」「酸素」「湿度」全てに強い袋ってのは無いっぽいですね。
いくつか使い分けた方が良さげ。


乾物にはこれ↓で良いんじゃないかと思ったのですが

これはナイロンポリじゃないので真空パックに対応してないみたいですね。(ショップに問い合わせました)
非対応って書いておいて欲しいなぁ。OPPとかKONyとかCPPとか書かれてもわからない…わからなくない?

ONy:Oriented Nylon 延伸ナイロン
LDPE:Low Density Polyethylene 低密度ポリエチレン
L-LDPE:Linear Low Density Polyethylene 直鎖状低密度ポリエチレン
OPP:Oriented PolyPropylene 延伸ポリプロピレン
CPP:Cast PolyPolypropylene 無延伸ポリプロピレン

頭にKが付いてるやつ(KONyとか)はKコート。KコートはPolyvinylidene Chloride (PVDC) ポリ塩化ビニリデン。
(´-`).oO(「K」はどこから来たんだろう…)
サランラップと同じ素材でガスバリア性と水蒸気バリア性を有する。
KコートじゃないバリアNyとかもあるみたいですが、Kコートの方がバリア性能は優れてるっぽいです。

ナイロンポリはONyとL-LDPE。ナイロンとポリエチレン。ちぃおぼえた!


とまあそんな訳で フードシールドJP290とナイロンポリKタイプの小さいのと大きいのを買いました。
JP290のレビューは後日書きます。

 

2018年01月31日

ガーベラ鉢植え

ガーベラ
近所のスーパーの花売り場で買った立派なガーベラ二鉢。
各100円。合計200円。安ゥイ!
万が一枯れてしまっても鉢を1つ100円で買ったと思えば全く損は無い。

おかんが花好きなのでプレゼントしました。(といっても私が管理するつもりですが)
あげるなら値段は言わない方が良かったかもしれませんね。

育て方としては、
水はあまりやらず、風通しの良い日の当たる場所に置いておく。
耐寒性は高め。耐暑性は弱め。
なので鉢のまま育てるのであればベランダとか窓際が良さげ。
真夏は半日陰に置いたりカーテンで遮光して直射日光を避ける。

昔は野菜や果樹など食べられる植物しか興味無かったのですが
最近は花や観葉植物などにも興味が出てきました。
上手く育てて株分けして増やしたいです。

 

2018年01月15日

丸源ラーメンデザートセット

正月におせちや餅ばっか食ってると脂っこい物が食べたくなる…ならない?
という訳で丸源ラーメンにまた行ってきたのだ。
今回はお店の看板商品である肉そばにデザートと餃子の付いたデザートセットを注文。

肉は思ってたよりずっと柔らかく、味もついているので美味しかったです。
量も多いので麺と一緒に食べてもまだ余る程。
替え玉なり大盛りなりで麺を増やしても「肉不足」にはならないんじゃないかな。
スープは比較的こってり感のある醤油スープ。
ダシには魚介も入ってるらしいですが、全然分かりませんでした。(魚介嫌いなのでいい意味で)
麺は前回同様やはりかなりコシがあってこれも個人的に好みな部分。
前回中太縮れ麺と書きましたがよく見たら縮れはあまり無いのでストレート麺ですね。中太より細めかも。

肉が多いのでボリュームもあり、味にクセもない。
前回食べた醤油とんこつ(白)よりも気に入りました。
お店の食べ方だと中盤で「どろだれラー油」を足すとか、酢を足して飲むとかありましたけど、
個人的には何もしない方が美味しいと思いました。

餃子はこぶりながら普通に美味しい。

デザートのソフトクリームもこぶりながら普通に美味しい。
無料の野沢菜醤食べたりスープや餃子のタレにどろだれラー油をかけすぎて口の中が辛かったので助かります。

次来た時もデザートセットを頼もうっと。
いや、チャーハンセットとかを試してみるべきかな?

 

2018年01月13日

粉瘤の手術

聡ずかしながら粉瘤の手術に行って参りました。

以前粉瘤ができて炎症を起こし、その時は医者に貰った抗生物質とステロイド軟膏でごまかしたのですが、
その後も不定期に再発し、痛い思いをしてきました。
しかももう1箇所できるし。
こちらは今の所炎症を起こさないので痛くはないのですが爆弾であることに変わりはない訳で。
やはり色んなサイトで書かれてた通り、手術で取らないと絶対に治らない、
何度も再発するという情報に間違いはありませんでした。33-4

という訳で、意を決して近場の皮膚科に行きました。
真夏だと「手術後数日お風呂に入れない」とか言われたら悪夢なので夏前に行ったのですが、
まだ炎症が収まりきっておらず、2ヶ月後に改めて来るよう言われました。
前述の通り真夏は嫌なのでいっそ涼しくなるまで待つ事にしたのですが、
待ってる間にまた炎症を起こし、また数ヶ月待ち…。
結局手術できたのは意を決してから半年以上後、年明けですよ。

「麻酔注射」と「手術そのもの」と「手術後」の痛みが懸念していた部分だったのですが、
まず麻酔注射はさほど痛くありませんでした。背中だからね。
「寝っ転がったら下に尖った砂粒があって痛いなあ」と同程度くらい。余裕で我慢できました。
ただ時間が結構長かったです。2箇所あるので2本打ったのですが、合計で2~3分位注射が続くという。
これが顔とかだったらキツイだろうなあ。麻酔のための麻酔が欲しくなるんじゃないの。

その後麻酔が効くまでしばらく待ってから手術開始。

消毒された時全然感覚が鈍ってる感じがしなかったので
「あれ?これ効いてなくない?うわヤバイよ全然大丈夫じゃないようわああああああ」
と焦ったのですが、実際にはバッチリ効いてて、
いざ手術が始まっても全くこれっぽっちも痛くありませんでした。
チョキチョキというかパチパチというか何かハサミのような音が聞こえて
ちょっと引っ張られてる感じがしただけ。
あまりに拍子抜けで思わずちょっと笑っちゃったくらい。
ずっとうつ伏せで顎を枕に乗せてたのでむしろ顎や首の方が痛くて辛かったです。

手術時間も麻酔待ち時間より短く、苦戦してる様子もなく、
縫合して防水のテープだか何だかを貼ってもらって(背中なので自分では見えないけど)すんなり終了。
多分切開法ってやつですね。世の中にはくり抜き(へそ抜き)法+縫わないってやり方もあるみたいですが、
個人的には縫ってもらった方が安心感が有ります。身体に穴が空いたままとかこえーよ!

切り取ったのを見せてもらいましたが、
炎症を起こした事が無い側は小さい丸い豆粒、あるいはえぐり取った小魚の目ん玉みたい。
何度も炎症を起こした方は破れて萎んだ風船みたいでした。
こりゃあ確かに手術で取らないと絶対治らんわ。めっちゃしっかりした組織だもの。
時間経過で分解されて体内に吸収されるとかそんな奇跡はまず無さそう。

手術後、抗生物質と痛み止めを貰い(ここは処方箋でなく受付で薬をいただけるのが嬉しい)、
帰宅し、数時間後麻酔が切れた時にはさすがにジンジンと痛みだしたものの、
炎症した時と同程度かマシな程度で、痛み止めを飲まずとも普通に我慢できるレベル。
それも寝る頃にはすっかり引いて、触らない限り何事もなかったかのようでした。
痛みよりも、普段仰向けで寝てるので、横やうつ伏せが寝づらくてしょうがないのが辛い。
早く天井を見て寝た~い。

あ、防水のテープ?フィルム?のお陰でお風呂は普通に入れます。すごいね。
抜糸は1週間後。それで粉瘤との長い戦いに終止符を打てます。本当に長くて辛かった…。

怖くて粉瘤の手術をためらってる人がもしこれを読んでいるなら、
「観念してとっとと医者行け」と言いたいです。
炎症が収まっても絶対また再発すっから。手術で取らないと絶対治らんから。

完全に余談ですけど、
子供の頃、水イボ?とかいうのが背中や肩にできて、
今回とは違う医院に行って処置してもらった事があるのですが、
それが何かの器具(ピンセット?)で麻酔も無しで1個1個潰していくというフザけたやり方で、
足がガクガク震えるほど(比喩でなくマジで震えた)痛かった思い出があります。

それに比べれば今回は本当に全く痛くありませんでした。
診てもらった先生が良かったのかもしれませんね。

 

2018年01月04日

2018ベイシア福袋

あけおめことよろちりぬるをわか。
年末から今日までイマイチろくな事がなくてちょっと沈んでおります。

良かったのはクリスマス頃にかまぼこを100円で買えた事(正月用のクッソ高いかまぼこが出回る時期)、
年末にびんちょうまぐろが割と安いのが買えた事、
アニメ魔法陣グルグルが予想以上に面白かった事、
長年探してた同人誌の中古が駿河屋に入荷して買えた事
(もうそこまで欲しくもなかったし思ったより高かったのでそれほど嬉しくない)、
冬になってから植えて芽が出ないので諦めてたスナップエンドウの芽が最近4つ出た事くらい。

悪い事は…けもフレが反吐が出そうになるほど嫌いになった、毎年3本買ってる伊達巻が今年はあまり甘くなかった、
年末作った黒豆が固くて不評(個人的には好きな歯ごたえ)、元日作ったからあげが味が薄かった、
週刊少年ジャンプを予約してるのに本屋のミスで年末のやつをまだ受け取っていない、
連日風が強い、なんか眠い等々。
うん、良い方も悪い方もほとんどが他の人にとっては果てしなくどうでもいいですね。

さて、もはや毎年恒例ベイシアの1000円分商品券付き1000円福袋。(実質無料)
今回は3日の分は先着90人だったため去年よりさらに早く出発する事に。
段々早く並ぶ羽目になってる…。
うーん…この調子じゃあ来年以降並ぶのは無理かな?
せめて8時頃に並ばせてくれぇ~。(9時開店)

実際行ってみたら去年よりも人数は少なかったっぽいので、もっとゆっくりでも良かったかも。
んでまあ特に面白い事もなく、普通にゲット。
いつものように袋自体は保冷バッグとなってます。外側はビニールっぽい感じなので雨でも安心。
今年は落ち着いた色の柄なので使いやすいんじゃないかなーと思います。
2018ベイシア福袋
中身は
除菌ウェットタオル
しじみのおみそ汁
1/3日分の野菜ヌードル チリトマト
1/3日分の野菜ヌードル ちゃんぽん
香るまろやかカレー中辛
寄せ鍋つゆ <醤油味>
オニオンコンソメスープ

(いずれもベイシアPB)

個人的には中々良い感じ。
食品類はどれも普段は買ってない商品だけどなかなか美味しそうなので
日々のおかずにちょっとした変化を付けられますよ。ちとスープ類が多いですが。
1個くらい調味料が欲しかったかな~。

野菜ヌードルはちょっと味をみてみたいけど買う程でもないかなーとスルーしてたやつなので
今回食べる事ができて良かったです。
味はまあまあ。麺は少なく野菜はたっぷり。ダイエット中には良いんじゃないですかね。

 

2017年12月21日

丸源ラーメン

お昼に何を食べるか悩んだ末、つい最近近所にできた丸源ラーメンに行ってきました。

開店したてだけあって娯楽に飢えてる古河市民が結構並んでましたが、さほど待たずに入れました。
ここのお冷は水でなく緑茶?なのが良いですね。
でも薄いのか全然風味がなかったので、お茶じゃない可能性も微レ存?

食券方式でなくテーブルでメニューを見て店員さんを呼び注文するスタイル。
食券だと最初に入り口で選ばないといけなくて焦るのであまり好きでないのです。
やっぱりこういうファミレススタイルの方が私は好きです。

今回はとんこつしょうゆ(白)を注文。

麺は中太縮れ麺でコシがあり個人的に好み。
最近は妙に柔らかい麺を出すラーメン屋が何故か結構多いのです。やはりコシがなくてはね。
スープはとんこつのクセはなく、こってり系のしょうゆラーメンといった感じ。
ごまがいっぱい入ってたのは好みの分かれる所かも。
どろラー油や揚げにんにく 野沢菜醤を入れたら担々麺っぽくなってこれはこれでウマい。
野沢菜醤は辛くて美味しいです。小皿にとってちびちび食べてました。

値段は近年では1000円近いとこも多いのに650円~というのは中々安いと思います。(量はやや少なかったですが)
大盛りだけでなく替え玉もメニューにあるので物足りないなと思ったら後から麺を足せるのが良いですね。
デザートが100円というのも良い(今回は注文しませんでしたが)。
しかもスタンプがラーメン1杯で1個貰えて、10個…つまりラーメン10杯で500円分の食事券なのですぐ貯まりそう。

不満は…店員さんの声がちとうるさいってとこ。引っ切り無しに大声でオーダー連呼。
お客が多くて注文が多いから引っ切り無しなのはしょうがないのですが、
そもそも注文を厨房に大きな声で伝える必要ってあるんですかね?
元気なお店っていう演出なんでしょうけど…。
まあこの辺は人それぞれかなー。店内が静かすぎると嫌って人だっているでしょうし。

もう古河にラーメン屋はいらんと思ってましたが、このお店は結構気に入りました。近いし。
次は肉そばを食べようと思います。